6畳の図書室

『日本人のしつけは衰退したか』

『日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ』(広田照幸著;講談社)
職場の後輩のおススメ?の広田照幸。
「最近の親は子どものしつけができていない」という主張が妥当かどうかを検証したもの。
明治時代から戦前・戦後,高度経済成長の時代と,それぞれの時代でどのような「しつけ」が行われていたか,記録をもとに検証。ポイントは階層ごとの違いに注意しているところ。

日本がまだ貧しい国だった頃は,親は生活に精一杯でしつけどころではなかった。
その分を地域のネットワークでフォローしていたが,悪いことを学ぶこともあり,必ずしもそれが良かったとは言い切れない。また,しつけといっても,ほかでは通用しないその村のローカルルールを学ぶに過ぎないという面もあった。
都会へ奉公に出て,奉公先でしつけられたという主張もあるが,一方で酷使も虐待もあったようだ。
つまりは,過去は美化されがちという話。
また,「昔は良かった」という主張をする論者は,上流の階層の出身者で上のような実態を知らなかったということもある。

時代の変遷とともに日本が豊かな国になると,地域のネットワークがなくなる一方で,「親の責任」が強調されてきた。
その結果,少年事件が起これば「家庭でのしつけに問題がある」という主張がされ,「しつけに失敗してはいけない」と親の不安は大きくなっていく。
しかし,実際のところ,少年事件は昔よりも少ないし,質も言われるほどは違わない。
時に,いじめの質が変わったと言われるが,事件・ニュースになるようないじめと論者の身の回りで起こったいじめでは,比較する意味がない。
つまりは,「家庭のしつけに問題」→「非常識な子ども」というわかりやすいストーリーが広まっているだけで,きちんと資料をもとに分析されたわけではない,と。
[PR]
by h-asa78 | 2008-12-30 16:02 |
<< 『小森型理科の授業1 「理科は... 『子どもを理科好きにする 科学... >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧