6畳の図書室

『有頂天家族』

『有頂天家族』(森見登美彦著;幻冬舎)
森見氏のファンで集まる機会があった。
そして,この本が非常に良かったという話を聞き,早速読んでみた。
これまで読んでいた,森見氏の分身ではないかと思わせる,どこか現実を連想させる「腐れ大学生」主役の作品と違う,純粋な(?)ファンタジー。

家族をテーマにした小説。実にステキな家族である。ただし,狸。
終盤の,家族を助けるために京都市内を走り回るシーンは,真面目に考えると実にバカバカしいのだが,感動的。
最後のめちゃくちゃな解決の仕方が,強引で好き嫌いのあるところかもしれないが・・・「ま,いっか」と思わされてしまうのが,森見氏の作品の不思議なところ。
[PR]
by h-asa78 | 2009-04-05 23:28 |
<< 『学歴分断社会』 『グーグルに勝つ広告モデル』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧