6畳の図書室

『自分自身への審問』

『自分自身への審問』(辺見庸著;角川書店)
相変わらず,重い。
特に今回は,脳出血で倒れた後,そしてがんの手術を受けた時期に書かれたもので,書名のとおり,著者自身の内面を描く部分が多いため,さらに重さを増す。ただ,そのおかげで著者のバックグラウンドが少しつかめるように思う。

相変わらず,未消化。
見る見られるの関係,資本主義への批判,資本主義を守る偽善への批判,ひとつひとつが自分の物の見方をゆさぶる。
無意識に防御してしまうのか,深く読み込まずに読み進んでしまっているのかもしれない。
加藤万里氏の解説が著者の論理展開をうまく整理してくれているので,これを読んだ今,もう一度読み返せば,もっと理解できるのかもしれないが・・・もっと元気のあるときに。
#解説の重要さを痛感。
[PR]
by h-asa78 | 2009-09-13 00:30 |
<< 『神様のカルテ』 『宵山万華鏡』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧