6畳の図書室

『クッキングに学ぶ化学』

『クッキングに学ぶ化学』(増井幸夫・谷本幸子著;裳華房)
料理を化学の目で見ると・・・?
ごくごく普通の調理の作業が化学の言葉に翻訳できる,面白い発見だった。
また,その翻訳に無理のないところが,この本の見事なところだと思う。
コーヒーをいれる作業がろ過,出汁をとる作業が抽出,考えてみればその通りだが,普通の化学の勉強ではそういう発想は出てこない。改めて考えると,台所には水も火も薬品(調味料)もある。ある意味,理科室に近い空間といえる。
[PR]
by h-asa78 | 2006-03-21 21:39 |
<< 『「わかる」ということの意味[... 『月の砂漠をさばさばと』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧