6畳の図書室

『ペンギン・ハイウェイ』

『ペンギン・ハイウェイ』(森見登美彦著;角川書店)
長編ファンタジー,いやファンタジーというよりもSFか。
著者のこれまでの作品と違い,京都が舞台でも腐れ大学生が主人公でもない。
郊外の街の少年が主人公。そのため,子どもが主役の小説独特の空気もあり,一方でやはり森見作品と思わせる言葉もあり。
主人公憧れのそして謎の中心にいる「お姉さん」,主人公に適切なアドバイスをする「父」,へんてこな登場人物が走り回る森見作品では,こういうまともで登場人物が新鮮で魅力的に感じられる。

悪くはないのだが,これまでの森見作品を読んできた者にとっては,やはり京都か腐れ大学生の作品を読みたい。
[PR]
by h-asa78 | 2010-09-21 23:39 |
<< 『人物で語る化学入門』 『里山の自然をまもる』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧