6畳の図書室

『配達あかずきん』

『配達あかずきん』(大崎梢著;東京創元社)
元書店員による書店を舞台にしたミステリーの短編集。
身近な謎,というわけでもないが,人の死なないミステリーというところが好みに合った。
暗号解読で書店のミステリーらしさが発揮された「パンダは囁く」
源氏物語と絡めた「標野にて 君が袖振る」
後半の犯人を取り押さえるシーンが漫画のような「配達あかずきん」
ラストが温かい恋愛物「六冊目のメッセージ」
意外な真相が心地よい「ディスプレイ・リプレイ」
それぞれによさがあり,別の作品も読みたくなる。
[PR]
by h-asa78 | 2011-01-05 00:56 |
<< 『晩夏に捧ぐ』 『日本語作文術』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧