6畳の図書室

『時間はどこで生まれるのか』

『時間はどこで生まれるのか』(橋元淳一郎著;集英社)
現代物理の知見をベースにした時間論。知的遊戯という感じがする。
「時間とは何か」という,問いとしてははっきりしていながら,どうにも答えられないものについて,あれこれと議論が展開していく。
色や温度と同様,ミクロの世界では時間というものが存在しない,という話は,一瞬奇異に感じるが,不確定性原理を思い出せば,たしかにその通りであろう。
物理を勉強していてもそういう視点で考えたことがなかった。
今改めて物理を振り返って,やっぱり面白い学問だったなと思う。
[PR]
by h-asa78 | 2007-02-25 22:18 |
<< 『なぜ、理科は難しいと言われる... 『数学的思考法』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧