6畳の図書室

『なぜ、理科は難しいと言われるのか?』

『なぜ、理科は難しいと言われるのか?』(西川純著;東洋館出版社)
学習者がどのように学んでいるかについて,いろいろと興味深い研究結果が挙げられている。
復習のため,読み返しながらまとめる。
・同じ計算をする問題でも,数値だけならできるが,単位がつくとできなくなる。ただし,なぜか(?)「円」が単位のときは,計算できる。
・コンピュータシミュレーションは「誤差のない非常に正確な実験」を行うので信用できる,と思ってしまう。
・学習者は過剰に「自分は知っている」と思う傾向がある。
・場独立型と場依存型の認知スタイルがある。両方のタイプの学習者を結びつけると,互いに高め合う。
・一貫した,強固な誤解をもつ学習者の方が,誤解が一貫していない学習者よりも,学習による概念転換・保持に優れる。
・観察の記録は,スケッチよりもメモの方が,後にスケッチで記憶を再生するときの再生率が高い。
(ただし,記憶に残ることが全てではなく,絵に描きたくなる感性も大切,と書いているところが,現場の先生のいる研究室らしいと思う。)
・理科の問題を思い出させると,理科が不得意な学習者は(問題の本質とは関係ないところも含めて)厳密に・正確に思い出すが,理科が得意な学習者は,自分なりに整理された状態で思い出す。

心理学というのをやっていない人間には,結論を導くためのさまざまな実験の手法も非常に面白かった。
[PR]
by h-asa78 | 2007-03-03 23:43 |
<< 『競争しなくても世界一 フィン... 『時間はどこで生まれるのか』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧