6畳の図書室

『生物と細胞』

『生物と細胞』(宮地祐司著;仮説社)
購入したのはかなり前だが,しばらく本棚の肥やしに。
最近,科教協の過去の「理科教室」を読んでいるのだが,そこで,この本が評価されていたので,ようやく開いてみた。

前半は仮説実験授業の授業書。シュワンの論文をベースにした発問で組み立てられている。
皮膚,あぶらみ,髪の毛,水晶体,爪,骨,血液,・・・と,それぞれが細胞でできているかどうかを問うていく。この辺は仮説実験授業らしい展開と言えようか。
歴史的な話とともに,シュワンは漠然とした観察ではなく,仮説のもとで観察を行った結果,細胞説を構築したことを明らかにしている。細胞の概念だけでなく,科学論の話も組み込んでいるところが面白い。
また,細胞の死と個体の死を比較することで,脳死の話題まで扱うというのも,興味深い展開。

後半は,授業書の背景となる議論。科学史の研究者としてはアマチュアである著者が,フックの細胞の発見からシュワンの細胞説の提唱まで170年もかかった理由を分析していく過程が,推理小説の謎解きのようで面白い。
[PR]
by h-asa78 | 2007-03-26 00:50 |
<< 『ふしぎの植物学』 『ミクロの世界』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧