6畳の図書室

『ふしぎの植物学』

『ふしぎの植物学』(田中修著;中央公論新社)
植物に関するさまざまな話題。生物の世界はうまくできている。
・遠赤色光により,発芽が抑制される。葉が多く繁る競争の激しいところでは,地面には遠赤色光が透過するため,発芽しないで済む。
・モヤシの先端が曲がっているのは,土を押しのけるため。
・気孔からの蒸散の大切な目的は,温度調節。汗をかくのと同様。
・光合成に使われる水は,ごく一部。
・乾燥地域の植物には,発芽を阻害する物質が種皮に含まれるものがある。この物質は水に溶けやすいため,雨が降って水が多くなると発芽する。
・種皮を取り去った種子はネーキッド種子と呼ばれ,発芽が早い。
・植物に含まれる色素,カロテン,アントシアニンは,紫外線により発生する活性酸素を消去するための抗酸化物質。だから,紫外線により色が鮮やかになる。
・枯葉には栄養物がほとんど含まれない。枯れ落ちる前に,栄養物は植物に戻される。
・15世紀のオランダでは,チューリップが人気になった結果,球根が非常な高値になり,バブル現象が起こった。

全体に読みやすい書き方。ただし,植物の擬人化が多く,少々違和感はある。
[PR]
by h-asa78 | 2007-04-09 23:47 |
<< 学力テスト 『生物と細胞』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧