6畳の図書室

『欲ばり過ぎるニッポンの教育』

『欲ばり過ぎるニッポンの教育』(苅谷剛彦,増田ユリヤ著;講談社)
全体としては,わりと読みなれた内容。対談形式が読みやすいというぐらい。
面白い発想と思ったのは,もし高校への進学率がもっと低ければ,十代後半の少年による犯罪が教育問題ではなく社会問題として捉えられるだろうという話。
ほかに,本編ではないが印象に残ったのが,まえがきにあるエピソード。
増田氏のラジオ番組で総合学習の現場レポートを行った際,総合学習に懐疑的な苅谷氏は
「僕は不利だよね。だって,リポートは良い実践に決まっているもの」
と言っていたらしい。この辺が,教育についての議論を難しくしているように思う。
教育改革であれもこれもとやり始めると,個別には良い実践があるので,そのような実践ができないのは,「やらないだけ」と誤解されてしまう。
[PR]
by h-asa78 | 2007-05-06 17:03 |
<< 『自閉症入門』 『教育改革を評価する 犬山市教... >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧