6畳の図書室

『手をつなぐ子ら』

『手をつなぐ子ら』(田村一二著;北大路書房)
戦時中の小学校を舞台に,知的障害のある子寛太(本では精薄という言葉が使われている)が入ってきた学校を描いた小説。
寛太によりクラスがまとまっていく。寛太を支える子どもたち,それを見守る松村先生,田村一二の障害児に対する温かい目が感じられる。
[PR]
by h-asa78 | 2007-12-21 23:50 |
<< 『天文学者はロマンチストか?』 『脳科学への招待』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧