6畳の図書室

『逆転現象が起きる理科発問づくりのコツ』

『逆転現象が起きる理科発問づくりのコツ』(小林幸雄著;明治図書)
「できる子」が間違い,「できない子」が正解するのが,この本でいう「逆転現象」。
タイトルは「発問づくりのコツ」だが,理詰めでは逆転現象が起きるような発問は思いつかないとも書かれているので,タイトルは気にしないほうが良さそう。

ただし,逆転現象が起きる発問の共通点として挙げられている3つが興味深い。
・二者択一を迫る
・子どもの認識傾向をつかみ「意表をつく」
・「内部情報」と「新しい刺激」の接点をつく
この3つは,意識しておくと良さそうだ。
[PR]
by h-asa78 | 2008-06-22 22:51 |
<< 『【新釈】走れメロス他四篇』 『数学の考え方いろいろ・類推と... >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧