6畳の図書室

『死刑』

『死刑』(森達也著;朝日出版社)
この本によると,日本人の約8割が死刑制度に賛成らしい。以前はそれほどでもなかったが,オウム真理教の事件以降,増えたらしい。
ただ一方で,重要な事実。賛成にせよ反対にせよ,多くの人は死刑制度から目を逸らしている。その事実を支えるのは,死刑制度が「不可視の領域」に置かれ,多くの人がその実態を知らない(知らされていない)という現状。
そこで,筆者は死刑制度を直視することを試みる。

筆者は,死刑に関わる人たち,死刑囚,刑務官,教誨師,廃止派,存置派,被害者遺族,・・・さまざまな人へのインタビューを重ねていく。そして,筆者自身迷いつづけながら,死刑というものの本質を考えていく。

死刑制度の是非を,データを踏まえ,論理的に考えれば,死刑制度を残す積極的な理由は,恐らく,ない。
犯人の死刑を望む被害者遺族の気持ち,それを制度に反映させるかどうかも自明ではない。
しかし,それは自分が被害者遺族ではないから言えること。いやしかし,それでは死刑囚の家族の気持ちは無視できるのか。
考えても結論は出ない。そして恐らく,考えて結論を出すものでも,ない。

インタビュー全体から受ける印象。死刑制度の近くにいる人ほど,死刑制度について迷いがある。肯定と思われる人が否定的なコメントをしたり,否定と思われる立場の人が肯定的なコメントをしたり。しかし,それらは単純な肯定否定ではない。死(被害者・加害者双方についての死)が極めて私的なものである以上,個別の事例について思うことはあっても,制度としてどうかとなると,簡単ではないのだろう。

書けば書くほど,自分の言葉が軽くなる。
ただ,何も書かずに黙って本棚にしまえる本ではなかった。

最後に,表紙にあった言葉を書いて,自分の思考停止をごまかす。
「人は人を殺せる。でも人は,人を救いたいとも思う。」
[PR]
by h-asa78 | 2008-09-15 00:52 |
<< 『先端テクノロジーのしくみがよ... 『科学で見る世界史』 >>



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧