6畳の図書室

<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『「分かりやすい説明」の技術』

『「分かりやすい説明」の技術』(藤沢晃治著;講談社)
『「分かりやすい表現」の技術』『「分かりやすい文章」の技術』につづく本。
「おわりに」が,意外な展開で面白い。
大学の先生から,「分かりやすい授業では,学生の考える力が育たないのではないか」という指摘を受けたという話。
もちろん,単に教え方が下手で分かりにくい授業は論外だが,学生が咀嚼する部分のある授業というのにも,たしかに意味があるだろう。
「安易に喜ばれることが最高のサービスではないのかも」という最後の一節は,この本のテーマを考えると,よく書いたなと思わされる。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-28 01:23 |

『ステップファザー・ステップ』

『ステップファザー・ステップ』(宮部みゆき著;講談社文庫)
知り合いのお気に入り,ということで紹介されて,面白そうなので購入。推理小説の短編集。
両親が別々に駆け落ちした双子と,その双子の父親代わりをやらされることになった泥棒の話。
かなり荒唐無稽な設定だが,全体にコメディタッチなので,それはあまり気にしないことに。

ストーリ,意外な真相も面白いし,脇役も柳瀬の親父や<画聖>など魅力的。特に最終話『ミルキーウェイ』の<画聖>の「作品」はアニメに出てきそうな発想。おかげで,緊迫感あふれるはずの事件でも,どこかほのぼのとした事件に見えてくる。
この本では全編通して,事件に対する妙な緊張感がない。両親に駆け落ちされた双子はもちろん,事件の被害者たちも,妙にのんびりしている。リアリティがない気はするが・・・小説としてはこういうノリは好きである。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-27 22:42 |

『コインから知る金属の話』

『コインから知る金属の話』(岡田勝蔵著;アグネ技術センター)
面白そうな切り口と思い,図書館で借りてみた。
金閣の金箔が,夏は日差しを反射し,冬は内部の熱を逃がさない働きをしていた,試金石の使い方,など,普通の科学の本ではなかなか見ない話が載っている。

全体にTEXで組んでいるように見える。そのせいか,図表の位置が本来入るべきところと少しずれていたりして,わかりにくいところもあった。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-11 22:35 |

『シリーズ福祉に生きる 10 田村一二』

『シリーズ福祉に生きる 10 田村一二』(野上芳彦著;大空社)
「茗荷村見聞記」は小説だったが,こちらは田村一二の伝記のような本。
田村一二という人が何をやった人か,というのはこちらの方がわかりやすい。
実際には田村一二だけでなく,一緒に活動した糸賀一雄,池田太郎も主人公。
戦中や戦後直後にこれだけの活動をできたというのは,本当にすごい。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-07 20:46 |

『空気の発見』

『空気の発見』(三宅泰雄著;角川書店)
知り合いとの会話で出てきた。図書館でパラパラとしか見ていなかったので,ざっと読んでみた。
科学史を通して,空気について,化学について学んでいくという構成。
科学者の人物像も描きながら,生き方について,科学というものについても語っているところが,普通の科学の啓蒙書と違うところ。著者の子どもたちへのメッセージが強くあらわれている。
挿絵のようななくても良い図が多い一方で,説明をわかりやすく見せるような図がないところが難点か。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-07 20:33 |

『コロイドの話』

『コロイドの話』(北原文雄著;培風館)
これも化学の話シリーズ。吸着の話,ぬれの話,泡の話など,それほど難しくないながら,ちゃんと高校ではやらないような話題(ひとことで言えば,界面の話)をうまく取り込んでいるのがいい。
全体を振り返ってまとめていく最終章のつくりも面白い。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-07 20:27 |

『色の話』

『色の話』改訂版(中原勝儼著;培風館)
化学の話シリーズ。
粉末が白っぽく見える話など面白い話題も多いし,人間の目の仕組みから始めるという展開はいいと思うが,後半の各論が難。対象としている高校生にはつらいのではないか。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-07 20:18 |

蛍石

大阪へ行ったときに蛍石を入手。
せっかくなので,砕いてフライパンで炒って,光らせてみた。

f0030451_20534760.jpg


思っていた以上に跳ねた。安全メガネをかけていて良かった。
#下の赤い点は,使用したホットプレートのランプ。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-04 20:55 | その他

大阪

友人と大阪へ行ってきた。
お好み焼き,焼きそば,たこ焼き,焼肉,豚まん,ひたすら食べてきた。
f0030451_19512.jpg


f0030451_1112980.jpg
おもしろい街灯があった。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-02 01:12 | その他

『本気で言いたいことがある』

『本気で言いたいことがある』(さだまさし著;新潮社)
さだまさしのファンである。それで買っただけ。
面白いと思ったのが,高校生時代,人生の悩みを図書館で哲学や宗教を勉強することで,解決しようとしたという話。実際にそれで解決できたわけではないというが,それでも,人生の悩みを図書館の本で,そして哲学で解決しようという発想は,本を読む,勉強をするということが自然だった当時の時代背景のおかげだろうか。
果たして,今,高校生が人生に悩んだときに,図書館へ行くことがあるだろうか。哲学を勉強することがあるだろうか。そして,そもそも哲学というものの存在はどの程度認識されているのだろうか。
[PR]
by h-asa78 | 2006-05-02 00:54 |



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧