6畳の図書室

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『みんなが知りたい 地下の秘密』

『みんなが知りたい 地下の秘密』(地下空間普及研究会;ソフトバンククリエイティブ株式会社)
以前,書店で『JAPAN UNDERGROUND』という写真集を見かけた。
日本の地下にあるさまざまな施設を撮影したもので,購入はしなかったが,強く印象に残っている。
それ以来,「地下」が気になっている。

本書は,地下の利用についての本である。都市計画など工学系の人には馴染みがあるのかもしれないが,あまり見かけないテーマ。
カッパドキアやロンドンの地下鉄,日本の氷室などの歴史的な話題,掘削技術について,そして核シェルターやスーパーカミオカンデ,二酸化炭素の地下貯留の話まで。お寺の地下に変電所,レマン湖の地下に駐車場,意外な組み合わせ。
生活しやすい地上は人のために,地下でも良い施設は地下に。地下を利用することで,地上を有効活用することができる。地下に施設を建設することはコストのかかることではあるが,得られるものも大きい。
[PR]
by h-asa78 | 2010-04-18 23:27 |

『よわいかみ つよいかたち』

『よわいかみ つよいかたち』(かこ・さとし著/絵;童心社)
どこかで科学読み物の名著として紹介されていた。
今度やる実験のイベントの参考として,図書館で借りてみた。
絵本なので当然ではあるが,思った以上にあっさりとしていた。

紙の橋に何枚の硬貨が乗るか,それは紙の形によって変わってくる。
その試行錯誤の過程が描かれている。
子どもが簡単に試行錯誤を追体験できるのが良いのだろう。
あっさりしているが,逆に突っ込んだ内容へと踏み込まずに留まるというのが,名著とされるところか。
[PR]
by h-asa78 | 2010-04-18 23:11 |

『宇宙環境と生命 宇宙生物学への招待』

『宇宙環境と生命 宇宙生物学への招待』(佐藤温重著;裳華房)
仕事のネタとして。
ポピュラー・サイエンスシリーズであるが,学生や若い研究者向けの入門書として書かれているということで,比較的幅広く,宇宙生物学全般の話題をとりあげている。出典や実験が行われたミッションの明記など,本格的に勉強する人向けなのだろう。ただ,そのためか,1つ1つの説明があっさりしすぎていて,専門用語の説明も少なく,高校生物+αの知識がないと,あまりちゃんと読めない。また,正直な感想としては,文章もあまりわかりやすい気がしない。
話題としては面白そうなのに,残念な気がした。
[PR]
by h-asa78 | 2010-04-18 02:32 |

『化学の視点』

『化学の視点』(川泉文男著;学術図書出版社)
大学一般教養の教科書だが,高校化学+α程度の内容。それぞれのテーマが数ページにまとまっていて読みやすい。
薄い本なので,掘り下げ方は浅いが,化学全般を学ぶにはちょうど良いだろう。高校化学にはない液晶や土壌の話も扱われている。

「銅の精錬はめっきの例である」のように,ところどころ気の利いた?説明が入っているのが良い。
[PR]
by h-asa78 | 2010-04-05 00:52 |



読みっぱなしではなく,なんらかの記録を残そうと思いました。書評としてご覧ください。
カテゴリ
全体

その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Hurricane ir..
from Hurricane iren..
Piss cunt.
from Piss cunt.
Butalbital n..
from Butalbital no ..
Buy valtrex.
from Buy valtrex.
Phentermine ..
from Phentermine no..
Percocet no ..
from No prescriptio..
Tramadol pre..
from Tramadol non p..
Azithromycin..
from Azithromycin.
Lipitor and ..
from Generic substi..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧